【長崎エギング】平戸生月島の西側「生月漁港」「壱部浦港」は有名な釣り場

エギング

こんにちは、ガルゾウです。

今回は僕もしょっちゅう行っている生月の港周辺をご紹介します。

アオリイカの他に、寒い時期にはヤリイカなどのツツイカ系も接岸するため

季節によって魚種が入れ替わるエリアです。

「生月漁港」「壱部浦港」はここ

生月大橋を渡って道なりに進むと右側に見える港が「壱部浦港」

それからちょっと進むと漁船が多く停泊する「生月漁港」です。

2つの港は隣同士のため、ちょっとわかりにくいと思います。

何が釣れるか?

春は大型アオリイカが回遊するポイントで、

毎年実績があります。

ただし、5月〜9月まではアオリイカ禁漁期間のため、

しっかりルールは守ってください。

あと、生月漁港の切れ波止からはイシダイが釣れることで有名なので、

ガチ勢は渡ってみても面白いと思います。

チヌ、クロ、マダイ、メバル、アラカブ、アオリイカ

夏〜秋

バリ、アジ、イサキ、チヌ、クロ、シイラ、イシダイ、スズキ、アオリイカ

クロ、イシダイ、メバル、アラカブ、アラ、アオリイカ

まとめ

生月に初めて行ったら最初に壱部浦が行き着く港だと思います。

足場がいいため、釣りがしやすく、しかも結構釣れるので

多くの釣人が来る場所です。

禁漁期間はじめ、駐車の仕方など

ルール・マナーを守ってエギング楽しんでください。

では\(^o^)/