【長崎エギング】回遊する春イカが釣れる神ノ島へ行け!

釣り

こんにちは、ガルゾウです。

春イカが釣りたいけど、初心者なので場所を知らない。

なかなかいつも行ってる場所では、アオリイカに出会えない。

そんな方に向けて、長崎市街地から近い神ノ島の紹介をしていきます。

まったり釣りするには良い場所なのでおすすめですよ。

CITY派のぼくちんとしても、長崎市街地からアクセスしやすいのは、かなりありがたいね

神ノ島への行き方

今回の、神ノ島への行き方を解説していきます。

まーかんたんなので、拍子抜けすると思います笑

女神大橋を渡れば、アオリイカ・アイランド

図の通り、長崎市街から南下した場所に、2005年12月11日に開通した「女神大橋」があるので、神ノ島へは非常に短時間でアクセスできます。

女神大橋を渡るには100円必要なので、そこだけ注意ですね。(1,000円札、500円玉でも支払い可能です。ETC支払いは無し)

※他のルートとしては、無料のルートもあるので一応載せておきます。↓

神ノ島へ初めて行く人にはちょっと難易度高かも

おすすめ釣り場の紹介

アオリイカが釣れる場所は、やはり潮通しが良いポイントを回遊する傾向があるので、良型狙いであれば、参考にしてみてください。

南の堤防

このエリアは釣りやすい堤防がいくつかあって、どの堤防でもそれなりの釣果が見込めます。

ただし、それだけに多くの釣人が訪れ、場所取り合戦になります。

本気で釣るなら朝早く、もしくは夜釣りから始めて場所を確保しましょう。

南の地磯

南の堤防エリアに小さな地磯があるのですが、ここは釣り場としても有名です。

昼間に行っても1人〜2人いれば、もう割り込めないと思っておいてください。

ここも早めに行くことをおすすめします。

西側の防波堤

神ノ島と言ったらここが1番有名です。

地元の方は、「1キロ堤防」と言ったりしてるみたいです。

ここは100人くらい釣り人が来ても多分投げる場所がある。

そんな広い釣り場になってますので、一度はチェックしたいエリアです。

イカの実績も多々あり、

2キロクラスのアオリイカが毎年上がる場所なので、

春の接岸時は期待が持てるポイントだと思います。

↓ただし、駐車場がすくないため、路上駐車する釣り人が多いです。

マナーを守って、交通トラブルにならないようにお願いします。

(県営バスのルートもありますので、迷惑になる駐車はNGです)↓

マナーを守って釣りしましょう

実際に1キロ堤防で釣りしたYou Tube動画

僕が、実際に動画で釣り風景を上げていますので良かったら視聴してみてください。
雰囲気が伝わると思います。

まとめ

神ノ島は昔から釣りが盛んな場所です。

地元の有志が堤防に、はしごをかけてくれてたり

ブロックコンクリートで階段を作ってくれてたりと

釣りやすい環境つくりをされています。

ローカリズムを尊重し、マナーを守って、ありがたく利用しましょうね。

では、またね(´・ω・`)